VOCALOID2製品サポート
VOCALOID2製品対応ホスト

Vocaloid2ソフトウェアは、スタンドアロン起動(WindowsOS上でVocaloid2ソフトを単独で起動/使用する方法)に加え、ReWireデバイス、VSTiプラグインとしても起動が可能です。

ReWireデバイス、VSTiプラグインとして使用する最大のメリットは、ホスト・アプリケーションで制作した伴奏データに合わせてVocaloid2を歌わせる事が出来る事です。既に制作してある楽曲にVocaloid2によるボーカルパートを加える際や、ボーカルと楽曲(伴奏)を同時に制作したい場合などに非常に便利です。

VOCALOID2には、以下の2種類のVSTiが用意されております。

  • VOCALOID2 VSTi
    VOCALOID2 EDITORで予め作成した専用のVOCALOID2 MIDIファイルをプレイバックするためのプラグイン
  • VOCALOID2 Realtime VSTi
    VOCALOID2 Realtime VSTi上で設定した歌詞をMIDIノートで発音させるためのプラグイン

現在動作確認済みのReWire/VSTiホスト・アプリケーションは以下の通りです。

ReWire起動

  • Steinberg Cubase5
  • Steinberg Cubase4
  • Cakewalk Sonar8 Producer Edition
  • Cakewalk Sonar7 Producer Edition
  • Cakewalk Sonar6.2 Producer Edition
  • Digidesign ProTools7.3 LE/M-Powered
  • Sony AcidPro6

VOCALOID2 VSTi

  • Steinberg Cubase5
  • Steinberg Cubase4
  • Yamaha SOL2
  • Internet SingerSongWriter8

VOCALOID2 Realtime VSTi

  • Steinberg Cubase5
  • Steinberg Cubase4
  • Cakewalk Sonar6.2 Producer Edition
  • ImageLine FL STUDIO 7
  • Sony AcidPro6

SONARシリーズをご使用のユーザー様へ

SONARの仕様によりVOCALOID2 VSTiは動作致しません。VOCALOID2 VSTiの歌詞/音符情報はNRPNデータにて送信される為、これを正しく送信できないホスト・アプリケーションではご使用頂く事ができません。

また、Sonar7 Producer Editionでは、VOCALOID2 Realtime VSTiも動作致しません(Sonar6では、VOCALOID2 Realtime VSTiが動作致します)。

ReWireデバイスとしてVOCALOID2をご使用になる場合、VOCALOID2 Editor側で再生を開始すると「ReWireに接続していません」といったメッセージが表示される場合がございます。ReWireデバイスとしてご使用頂く場合は、ReWireホストであるSonar側で再生を開始することをお勧め致します。

FL STUDIOシリーズをご使用のユーザー様へ

FL STUDIOの仕様によりVOCALOID2 VSTiは動作致しません。VOCALOID2 VSTiの歌詞/音符情報はNRPNデータにて送信される為、これを正しく送信できないホスト・アプリケーションではご使用頂く事ができません。また、FL STUDIOではVOCALOID2はReWireデバイスとして正しく動作いたしません。FL STUDIOでVOCALOID2をご使用になる場合は、VOCALOID2 Realtime VSTiとして起動/ご使用下さい。

ページTOPへ