2014.02.27
モバイルコンテンツ

ミクが曲にあわせて歌って踊る!ARアプリ『SNOW MIKU AhR』リリース

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:札幌市中央区、代表取締役:伊藤博之)は、iOS向けARアプリ『SNOW MIKU AhR』をリリースいたしました。本アプリは、AR(拡張現実感)技術を使って「初音ミク」の3Dモデルのダンスや写真撮影をお楽しみいただけるアプリです。今回はβ版でのリリースとなっており、“冬の北海道を応援する仕様の「初音ミク」”こと「雪ミク」の3Dモデルがプリインストールされた、期間限定の『SNOW MIKU』仕様となっております。

■【デフォルトモード】 3Dモデルの「雪ミク」を回転、拡大・縮小して楽しめる!

デフォルトモードでは、3Dモデルの「雪ミク」をスワイプで回転、ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小して様々なサイズや角度からお楽しみいただけます。また、[dance]ボタンをタップすると、Mitchie M氏が作詞・作曲した楽曲「好き!雪!本気マジック」にあわせて踊るキュートな姿をご覧いただけます。なお、この楽曲は「雪ミク」がメインキャラクターとなり、冬の北海道を盛り上げるイベント「SNOW MIKU 2014」のテーマ曲となっております。

■【ARモード】 ARマーカー上でキュートにダンス!ARライブが楽しめる!

楽曲「好き!雪!本気マジック」にあわせて踊る姿は、デフォルトモードだけでなく、ARモードでもご覧いただけます。『SNOW MIKU』仕様のARマーカーとなるのは、白い「雪ミク」のシルエット。[AR]ボタンをタップして端末をかざすと、ARマーカー上で「雪ミク」が踊る、ARライブがお楽しみいただけます。動作に必要なARマーカーは「SNOW MIKU 2014」サイトからダウンロードしていただけますので、ぜひお試しください。

ARマーカーのダウンロードはこちらから » http://snowmiku.com

■【写真撮影モード】 どこでも一緒!いろいろな場所で「雪ミク」と記念撮影!

本アプリは、写真撮影モードも充実しております。[カメラアイコン]ボタンをタップすると、写真撮影モードに早変わり。「雪ミク」と一緒に様々な場所で記念撮影ができます。選べるポーズは全5種類で、「雪ミク」3Dモデルのサイズ・位置・角度の変更が可能。シーンにあわせたポーズで撮影していただけます。

■今後のアプリアップデートについて

β版である『SNOW MIKU』仕様には、3Dクリエイターの「さぼてん」氏が作成したオリジナルの「雪ミク」3Dモデルデータと、「せっけん」氏の作成したオリジナルダンスモーションデータが内蔵されております。今後は「雪ミク」の3Dモデルだけでなく、様々なクリエイターが作成した「初音ミク」をはじめとするキャラクターの3Dモデル・コンテンツの配信が可能となるよう、本アプリへの機能追加を行っていく予定です。ご期待ください。

<「AhR」とは>

「AhR」は、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、株式会社CRESTRA(本社:神奈川県横浜市金沢区、代表取締役:富岡洋)、株式会社ケンエレファント(本社:東京都千代田区、代表取締役:石山健三)が共同開発したAR(Augmented Reality)技術で、「Augmented high Reality」の略称です。従来のARと比較して、ARマーカーの認識から再生までの早さ、アニメ表現をよりリアルにするセルフシャドウやトゥーンシェーディング機能、髪や衣服などがなびくインタラクション性など、より高度な表現能力を兼ね備えたARシステムです。

■アプリ概要

■アプリ名:SNOW MIKU AhR

■対応機種:iPhone、iPad及びiPad mini対応(iPhone5s/5c/5推奨) iOS 6.0 以降

■販売店:iTunes Store(アイチューンズ・ストア)/App Store(アップストア)

■価格:無料

■URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id804642181

■会社概要

■会社名:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

■代表取締役:伊藤博之

■設立:平成7年7月

■所在地:〒060-0003 札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F

■FAX:011-222-0707

■URL:http://www.crypton.co.jp/

アメリカ、ヨーロッパなど世界各国に50数社の提携先を持ち、100万件以上のサウンドコンテンツを日本市場でライセンス販売しております。会社のスローガンは、「音で発想するチーム」。DTMソフトウェア、携帯コンテンツ(着信音/着信楽曲)、ボイスメールサービス、サウンド配信サービス、コンテンツ検索など、音を発想源としたサービス構築・技術開発を、フラットな社内体制のもと日々進行中。音声合成ソフトウェア「初音ミク」の開発会社としても認知されております。

■「初音ミク」とは http://piapro.net/

札幌に本社を置くクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が、企画・販売したパソコン用の“歌うソフトウェア”です。そのパッケージには、青緑色の髪をしたツインテールの少女が描かれております。ソフトウェアの発表後、歌声はもちろんそのパッケージキャラクターも注目の的となり、一躍インターネットで人気のバーチャル歌手となりました。

注目度の上昇に伴い、キャラクター利用に関する独自ライセンス(*1)を制定。これにより非営利目的での合法的な二次利用が許諾となり、ニコニコ動画などの動画投稿サイトを中心にたくさんのユーザーたちが『初音ミク』を使用した楽曲や映像作品を制作・公開するようになりました。発表された作品は別のクリエイター同士の創作意欲を刺激し、新たな作品が生まれる創作の連鎖(ピアプロダクション)を生み出しております。

その活躍の場はインターネット上に留まらず、六本木ヒルズ・森美術館で開催された「LOVE展」では“アートとしての初音ミク”の展示が実現。また、作曲家・冨田勲氏が手がけた「イーハトーヴ交響曲」のコンサートでは生オーケストラとの共演を果たし、話題となりました。

これらの活躍は主要なネットメディアに大きく取り上げられ、様々な賞を受賞。更に赤十字社や文化庁、経済産業省、内閣府などでも日本を代表するデジタルコンテンツの一つとして認められ、海外のフェスティバルなどでも紹介される存在に。現在では、CD・DVDのリリース、フィギュア化、書籍・ゲームへの登場、CG技術を駆使したライブコンサートの実施など、ソフトウェアの枠をはるかに超えた多方面での活躍を見せております。

■「雪ミク」とは http://snowmiku.com/

2010年に誕生した、冬の北海道を応援するキャラクター仕様の「初音ミク」です。“真っ白い「初音ミク」の雪像”をモチーフにデザインされました。2014年のテーマは“「雪ミク」×魔法少女”。毎年、「雪ミク」をメインキャラクターに、「SNOW MIKU」と冠した冬の北海道を盛り上げるイベントを行っております。

(*1)キャラクター利用に関する独自ライセンス……弊社では、クリエイターが創った作品を自ら投稿しコラボレーションできる場として2007年12月にコンテンツ投稿サイト「ピアプロ」(piapro.jp)を開設いたしました。また多くのクリエイターが『初音ミク』の原画を非営利目的において、合法的に二次利用できるようピアプロキャラクターライセンス(PCL)を規定して利用許諾しております。2012年12月にはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-NC)にも対応いたしました。

<お問合せ先>

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F

TEL:050-3732-3917 FAX:011-222-0707

http://www.crypton.co.jp

担当:CSP推進室 熊谷 友介(.img