2020.01.08
ローカルプロジェクト

文化庁メディア芸術祭 小樽展「メディアナラティブ ~物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」全103作品を発表

来る令和2年1月11日(土)~1月26日(日)までの16日間にわたって、文化庁メディア芸術祭 小樽展「メディアナラティブ ~物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」を開催いたします。

今回、全103作品(うち18作品が大型展示)と会期中に実施するさまざまなイベントプログラムが確定しましたので発表します。

 

文化庁メディア芸術祭 小樽展 「メディアナラティブ ~物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」開催概要 
英文表記: JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL in OTARU – Media Narrative

【会 期】 令和2年1月11日(土)~1月26日(日)
【会 場】 小樽市産業会館〈展示〉 市立小樽文学館 〈展示〉 小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)・三番庫〈展示〉 小樽市民センター・マリンホール〈上映〉
【入場料】 無料
【主 催】 文化庁
【共 催】 小樽市、小樽市教育委員会、小樽商工会議所、小樽観光協会
【エグゼクティブアドバイザー】 水口哲也 エンハンス代表、シナスタジアラボ主宰、慶應義塾大学特任教授、 第11回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員主査、小樽出身
【ディレクター】 岡田智博 アートプロデューサー、一般社団法人クリエイティブクラスター代表理事
【企画・運営】 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
【公式サイト】 http://otaru2019.j-mediaarts.jp/
※報道用写真はサイト内「報道発表」よりダウンロードが可能です。ガイダンスに従ってご使用ください。

■ 本件に関する問い合わせ先
文化庁メディア芸術祭 小樽展事務局 PR担当 (クリプトン・フューチャー・メディア株式会社内)
E-mail: .img

 

イベントプログラム(入場無料)

 

公開制作と成果展示「漫画×詩 Narrative Live」

©瀧波ユカリ

 

本展のスタートより、漫画家・瀧波ユカリ(『モトカレマニア』ほか)と詩人・三角みづ紀(『隣人のいない部屋』第22回萩原朔太郎賞受賞ほか)が小樽におとまり滞在、ふたりがナラティブする公開制作を開催します。制作の成果は、会場のアトリエとなった空間で会期中展示します。展示だけでなく、作家が滞在し「ナラティブ」を紡ぐ、小樽展だけの特別企画です。

 

○ 漫画=瀧波ユカリ、詩=三角みづ紀

制作期間:1月12日(日)~14日(火) ※1/12(日)、13(月)は制作風景を公開しています。

成果展示:1月16日(木)~ ※1/14(火)、15(水)、20(月)は会場休館日です。

会場:市立小樽文学館

 

 

トーク「ユカリそれからみづ紀のナラティブ」

漫画と詩で、多くのファンをつかんでいるふたりが、小樽でのおとまり滞在制作で生まれたナラティブ(物語)について話します。

 

○ 1月19日(日)18:00~ 小樽市産業会館 会場内「ナラティブラウンジ」
● 話し手:
  瀧波ユカリ(マンガ家) (第12回マンガ部門審査委員推薦作品『臨死!!江古田ちゃん』、『モトカレマニア』ほか)
  三角みづ紀(詩人)(第10回中原中也賞『オウバアキル』、第22回萩原朔太郎賞受賞『隣人のいない部屋』ほか)
● 聞き手:玉川薫(市立小樽文学館館長)、岡田智博(文化庁メディア芸術祭小樽展ディレクター)

 

 

トーク「まきむぅ、長谷川愛とメディアナラティブ」

©HASEGAWA Ai

 

長谷川愛さんが受賞した第19回アート部門優秀賞「(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合」は、同性婚のカップルである朝子さんとモリガさんの遺伝子情報をもとに生み出した「不可能な子ども」との一家団欒の「写真」をメインに、その科学的背景を示す資料によって構成された現代美術作品(展示会場「小樽市産業会館」)です。

バイオテクノロジーで想像を超えた創造の時代の到来、その中で生まれる人間の意識のゆさぶりを作品にすることにより世界で注目される長谷川愛さんと、作品に登場した、タレントで文筆家のまきむぅこと牧村朝子さんが、それぞれが持つ創造性から、今、これからの「メディアナラティブ」をテーマに話します。

 

〇 1月12日(日) 17:00~ 小樽市産業会館 会場内「ナラティブラウンジ」
● 話し手:
 長谷川愛(第19回アート部門優秀賞『(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合』)
 牧村朝子(タレント、文筆家)
● 聞き手:岡田智博(文化庁メディア芸術祭小樽展ディレクター)

 

 

シンポジウム「ナラティブシティ・創造都市小樽の可能性」

文化を積極的に活用することにより、新たな成長が生まれる「創造都市」が世界中で生まれています。成功した「創造都市」は、交流人口が増加、観光、新産業、そして新たな生きがいが市民に生まれています。物語を多く生み出してきた地域資源溢れる小樽そして北後志には、そのサクセスのチャンスがあります。本展も含め新たな価値を生み出す創造都市の可能性を、アジア規模で牽引するリーダーでかつ小樽地域に思い入れのある話し手とともに語り合います。

 

○  1月13日(月・祝) 15:30~ 小樽市民センター・マリンホール
● 話し手:

 佐々木雅幸(創造都市ネットワーク日本顧問、文化庁地域文化創生本部主任研究官)

 山重徹夫(クリエイティブディレクター、「中之条ビエンナーレ」総合ディレクター)

 迫俊哉(小樽市長)

 福島慶介(デザイナー・文化庁メディア芸術祭小樽展シンボルグラフィック制作・N合同会社)

 岡田智博(文化庁メディア芸術祭小樽展ディレクター)

 

 

オープニング・セッション「メディア芸術と物語性 – 街と結びつくナラティブ」

新しい表現や体験としてのメディア芸術は、街と結びついてどんな物語性(ナラティブ)を生み出しうるのでしょうか?

メディア芸術祭小樽展のエグゼクティブアドバイザーである水口哲也をモデレーターとして、メディア美学者であり、メディアアートの黎明期より、世界のメディアシーン、アートシーンを見続けてきた武邑光裕(ベルリン在住)と、初音ミクを北海道から世界に発信し続けているクリプトン・フューチャー・メディア代表の伊藤博之が、小樽のもつ街や都市の魅力、未来の可能性について考え、議論していきます。

 

○  1月11日(土) 17:00~ 小樽市産業会館 会場内「ナラティブラウンジ」
● 話し手:
 武邑光裕(メディア美学者)*遠隔参加

 伊藤博之(クリプトン・フューチャー・メディア代表)

 水口哲也(文化庁メディア芸術祭小樽展エグゼクティブアドバイザー)

 

 

クロージング・トークセッション「テクノロジーとエンタテインメントの融合がもたらす未来 – より深いメディア・ナラティブに向けて」

水口哲也

 

新しい表現や体験としてのメディアテクノロジーが、音楽や映像をはじめとする様々なエンタテインメントと結びつくと、その街や都市にどのような可能性を生み出し、どんな物語性(ナラティブ)を生み出しうるのでしょうか?その未来の可能性について語ります。

 

○ 1月26日(日) 15 :00~ 小樽市産業会館 会場内「ナラティブラウンジ」

● 話し手:

 小橋賢児(LeaR代表)

 水口哲也(文化庁メディア芸術祭小樽展エグゼクティブアドバイザー)

 岡田智博(文化庁メディア芸術祭小樽展ディレクター)

 他、ゲスト調整中。

 

 

 

長編アニメーション映画の上映

『おおかみこどもの雨と雪』
©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

 

文化庁メディア芸術祭の過去の長編アニメーションの受賞作品より3作品を会期中上映します。

鑑賞には上映入場整理券(無料)が必要となります。

整理券は、開催期間中、小樽市産業会館内の本展インフォメーションで配布します

 

○ 上映ラインナップ

 上映会場=小樽市民センター・マリンホール

・ 1/24(金)19 : 00~

「花とアリス殺人事件」岩井俊二  第19回アニメーション部門優秀賞作品

・ 1/25(土)12 : 00~

「おおかみこどもの雨と雪」細田守  第16回アニメーション部門優秀賞作品

・ 1/25(土)15 : 00~

「君の名は。」新海誠  第20回アニメーション部門大賞作品

 

 

専門家によるメディア芸術の解説

ディレクターが、会場を巡りながら作品解説を行います。

 

○1/17(金)、1/18(土)、1/23(木)16:00~ 小樽市産業会館 会場集合

● 講師:岡田智博(文化庁メディア芸術祭小樽展ディレクター)

 

 

展示作品

※産業会館=小樽市産業会館、三番庫=小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)・三番庫、マリンホール=小樽市民センター・マリンホール、文学館=市立小樽文学館

 

作品名

作家名

文化庁メディア芸術祭

展示方法

会場

 

【アート部門】

 

 

 

 

1

KAGE-table

近森基

第1回 デジタルアート(インタラクティブ)部門大賞作品 『KAGE』

立体展示

産業会館

2

InToTheWood

近森基

1の関連作品

立体展示

産業会館

3

Morpho Tower – Dark Red

児玉幸子

第5回 デジタルアート(インタラクティブ)部門大賞作品『突き出す、流れる』

立体展示

三番庫

4

コミュニケーションの泉

児玉幸子

3の関連先品

立体展示

三番庫

5

High Contrast(仮題)

児玉幸子

3の関連作品

立体展示

三番庫

6

呼吸するカオス

児玉幸子

3の関連作品

立体展示

三番庫

(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合

長谷川愛

第19回アート部門優秀賞

構成展示

産業会館

百年海図巻 アニメーションのジオラマ

チームラボ

第14回アート部門審査委員会推薦作品『百年海図巻』

立体展示

三番庫

CROSSING #03

後藤映則

第20回アート部門審査委員会推薦作品『toki-』

立体展示

三番庫

10

THE WORLD IS OURS

Ann OREN

第21回アート部門審査委員会推薦作品

映像展示

産業会館

 

 

 

 

 

 

 

【エンターテインメント部門】

 

 

 

 

11

人喰いの大鷲トリコ

『人喰いの大鷲トリコ』開発チーム(代表:上田 文人)

第21回エンターテインメント部門大賞作品

体験展示(ゲーム)

産業会館

12

サカナクション「アルクアラウンド」

関和亮

第14回エンターテインメント部門優秀賞作品

構成展示

産業会館

13

歌舞伎町 探偵セブン

SCRAP

第22回エンターテインメント部門優秀賞作品

構成展示

産業会館

14

初音ミク -Project DIVA- f

Team Project DIVA

第16回エンターテインメント部門審査委員会推薦作品

体験展示(ゲーム)

産業会館

15

Rez Infinite

水口哲也

第20回エンターテインメント部門審査委員会推薦作品

体験展示(ゲーム・VR)

産業会館

16

SNOW MIKU(初音ミク)

クリプトン・フューチャー・メディア

10、14の関連作品(本展特別展示)

構成展示

産業会館

 

 

 

 

 

 

 

【アニメーション部門】

 

 

 

 

17

君の名は。

新海誠

第20回アニメーション部門大賞作品

長編上映

マリンホール(1/25)

18

La Chute

Boris LABBÉ

第22回アニメーション部門大賞作品

短編上映

産業会館

19

おおかみこどもの雨と雪

細田守

第16回アニメーション部門優秀賞作品

長編上映

マリンホール(1/25)

20

花とアリス殺人事件

岩井俊二

第19回アニメーション部門優秀賞作品

①長編上映

②構成展示

①マリンホール(1/24)

②産業会館

21

ハルモニア feat. Makoto

大谷たらふ

第21回アニメーション部門優秀賞作品

短編上映

産業会館

22

Negative Spaces

KUWAHATA Ru / Max PORTER

第21回アニメーション部門優秀賞作品

短編上映

産業会館

23

The First Thunder

Anastasia MELIKHOVA

第21回アニメーション部門新人賞作品

短編上映

産業会館

24

Yin

Nicolas FONG

第21回アニメーション部門新人賞作品

短編上映

産業会館

25

透明人間

山下明彦

第22回アニメーション部門新人賞作品

短編上映

産業会館

26

Am I a Wolf?

Amir Houshang MOEIN

第22回アニメーション部門新人賞作品

短編上映

産業会館

27

The Little Ship

Anastasia MAKHLINA

第22回アニメーション部門新人賞作品

短編上映

産業会館

 

 

 

 

 

 

 

【マンガ部門】

 

 

 

 

28

臨死!!江古田ちゃん

瀧波ユカリ

第12回マンガ部門審査委員会推薦作品

読書

文学館

29

モトカレマニア

瀧波ユカリ

28の関連作品

読書

文学館

30

ありがとうって言えたなら

瀧波ユカリ

28の関連作品

読書

文学館

31

漫画×詩 Narrative Live

瀧波ユカリ、三角みづ紀

28の関連作品

①滞在制作

②立体展示

文学館

 

第21回文化庁メディア芸術祭

 

 

 

 

32

ねぇ、ママ

池辺 葵

大賞

読書

文学館

33

AIの遺電子

山田 胡瓜

優秀賞

読書

文学館

34

ニュクスの角灯

高浜 寛

優秀賞

読書

文学館

35

銃座のウルナ

伊図 透

優秀賞

読書

文学館

36

夜の眼は千でございます

上野 顕太郎

優秀賞

読書

文学館

37

甘木唯子のツノと愛

久野 遥子

新人賞

読書

文学館

38

イーフィの植物図鑑

奈々巻 かなこ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

39

高倉くんには難しい

一條 マサヒデ/サブリック

審査委員会推薦作品

読書

文学館

40

陽だまりの家

くりた 陸

審査委員会推薦作品

読書

文学館

41

ハード・コア 平成地獄ブラザーズ

狩撫 麻礼/いましろ たかし

審査委員会推薦作品

 

読書

文学館

42

久生十蘭漫画集 予言・姦

河井 克夫

審査委員会推薦作品

読書

文学館

43

報いは報い、罰は罰

森泉 岳土

審査委員会推薦作品

読書

文学館

44

狂気の山脈にてラヴクラフト傑作集

田辺 剛

 

審査委員会推薦作品

 

読書

文学館

45

ストレンジ

つゆき ゆるこ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

46

電話・睡眠・音楽

川勝 徳重

審査委員会推薦作品

読書

文学館

47

あしあと探偵

園田 ゆり

審査委員会推薦作品

読書

文学館

48

イサック

 

真刈 信二/DOUBLE-S

審査委員会推薦作品

読書

文学館

49

舟を編む

 

雲田 はるこ/原作:三浦 しをん

審査委員会推薦作品

 

読書

文学館

50

プ〜ねこ

北道 正幸

審査委員会推薦作品

読書

文学館

51

BLACK-BOX

高橋 ツトム

審査委員会推薦作品

読書

文学館

52

うたかたダイアログ

稲井 カオル

審査委員会推薦作品

読書

文学館

53

売野機子のハート・ビート

売野 機子

審査委員会推薦作品

読書

文学館

54

雑草たちよ 大志を抱け

池辺 葵

審査委員会推薦作品

読書

文学館

55

13月のゆうれい

高野 雀

審査委員会推薦作品

読書

文学館

56

大江戸国芳よしづくし

崗田屋 愉一

審査委員会推薦作品

読書

文学館

57

荷風になりたい〜不良老人指南〜

倉科 遼/ケン 月影

審査委員会推薦作品

読書

文学館

58

女流飛行士マリア・マンテ ガッツァの冒険

滝沢 聖峰

審査委員会推薦作品

読書

文学館

59

フイチン再見!

村上 もとか

審査委員会推薦作品

読書

文学館

60

フルーツ宅配便

鈴木 良雄

審査委員会推薦作品

読書

文学館

61

ムシヌユン

都留 泰作

審査委員会推薦作品

読書

文学館

62

モディリアーニにお願い

相澤 いくえ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

63

最高の夏休み

Jordi LAFEVRE/Zidrou

審査委員会推薦作品

読書

文学館

64

寝台鳩舎

鳩山 郁子

審査委員会推薦作品

読書

文学館

65

スペースノンフィクション

沼原 望

審査委員会推薦作品

読書

文学館

66

セブンティウイザン

タイム 涼介

審査委員会推薦作品

読書

文学館

67

ディエンビエンフーTRUE END

西島 大介

審査委員会推薦作品

読書

文学館

68

ペリリュー-楽園のゲルニカ−

武田 一義

審査委員会推薦作品

読書

文学館

69

良い祖母と孫の話

加藤 片

審査委員会推薦作品

読書

文学館

70

MATSUMOTO

LF Bollée/Philippe Nicloux/Translation: HARA Masato

審査委員会推薦作品

読書

文学館

 

第22回文化庁メディア芸術祭

 

 

 

 

71

ORIGIN

Boichi

大賞

読書

文学館

72

宇宙戦艦ティラミス

原作:宮川 サトシ/ 作画: 伊藤 亰

優秀賞

読書

文学館

73

百と卍

紗久楽 さわ

優秀賞

読書

文学館

74

夕暮れへ

齋藤 なずな

優秀賞

読書

文学館

75

見えない違い――私はアスペルガー

 

マドモワゼル・カロリーヌ/原作:ジュリー・ダシェ/訳:原 正人

新人賞

 

読書

文学館

76

黄色い円盤

黄島 点心

新人賞

読書

文学館

77

メタモルフォーゼの縁側

鶴谷 香央理

新人賞

読書

文学館

78

ハコヅメ 〜交番女子の逆襲〜

泰 三子

審査委員会推薦作品

読書

文学館

79

フラジャイル

 

恵 三朗/原作: 草水 敏

審査委員会推薦作品

 

読書

文学館

80

ブルーピリオド

山口 つばさ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

81

我らコンタクティ

森田 るい

審査委員会推薦作品

読書

文学館

46

電話・睡眠・音楽

川勝 徳重

審査委員会推薦作品

読書

文学館

82

本田鹿の子の本棚

暗黒文学少女篇

佐藤 将

審査委員会推薦作品

読書

文学館

83

ワカダンナ

塩川 桐子

審査委員会推薦作品

読書

文学館

84

マッドジャーマンズーードイツ移民物語

ビルギット・ヴァイエ/訳 : 山口 侑紀

審査委員会推薦作品

 

読書

文学館

85

大人スキップ

松田 洋子

審査委員会推薦作品

読書

文学館

86

銀河の死なない子供たちへ

施川 ユウキ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

87

セリー

森泉 岳土

審査委員会推薦作品

読書

文学館

88

どこか遠くの話をしよう

須藤 真澄

審査委員会推薦作品

読書

文学館

89

にわにはににん

中野 シズカ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

90

むかしこっぷり

おくやま ゆか

審査委員会推薦作品

読書

文学館

91

あをによし、それもよし

石川 ローズ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

92

鞄図書館

芳崎 せいむ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

93

ギガタウン 漫符図譜

こうの 史代

審査委員会推薦作品

読書

文学館

94

今日もいい天気 原発訴訟編

コタと父ちゃん編

山本 おさむ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

67

ディエンビエンフー TRUE END

西島 大介

審査委員会推薦作品

読書

文学館

95

ひだまり保育園 おとな組

坂井 恵理

審査委員会推薦作品

読書

文学館

96

Fの密命

秋月 カイネ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

97

しまなみ誰そ彼

鎌谷 悠希

審査委員会推薦作品

読書

文学館

98

セッちゃん

大島 智子

審査委員会推薦作品

読書

文学館

99

鉄工所にも花が咲く

野村 宗弘

審査委員会推薦作品

読書

文学館

100

火色の文楽

北 駒生

審査委員会推薦作品

読書

文学館

101

ペンタブと戦車

坂木原 レム

審査委員会推薦作品

読書

文学館

102

レオノーラの猛獣刑

モクタン・アンジェロ/共同原作: 梅原 セイ

審査委員会推薦作品

読書

文学館

103

二匹目の金魚

panpanya

審査委員会推薦作品

読書

文学館

 

 

文化庁メディア芸術祭とは

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。

平成9年度(1997年)の開催以来、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を顕彰するとともに、受賞作品の展示・上映や、シンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展を開催しています。

 

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、文化庁が主催する文化庁メディア芸術祭の関連事業である「文化庁メディア芸術祭地方展」の企画運営を受託しています。